Linux Raid HDD(LVMの論理ボリューム) からデータ復旧

更新日 2021-02-26 (金) 10:19:11

起動するOS、CentOS 7を使用して、以下の方法でRaid 片肺でLVMの論理ボリュームをmountした。

ハードウェア構成はRaid HDD(LVMの論理ボリューム)をシリアルATAで接続

HDDの確認

  • HDDの構成は起動用HDDが /dev/sdaで目的のHDDは /dev/sdbの2台が認識している。
  • 目的のHDDには/dev/sdbに2つのパーティションがある。
  • IDがfdなのでRaid構成。
  • /dev/sdb2のほうが/dev/sdb1より大きいのでデータはこちらに入っていると思われる。
# fdisk -l

Disk /dev/sdb: 1000.2 GB, 1000204886016 bytes, 1953525168 sectors
Units = sectors of 1 * 512 = 512 bytes
Sector size (logical/physical): 512 bytes / 4096 bytes
I/O サイズ (最小 / 推奨): 4096 バイト / 4096 バイト
Disk label type: dos 
ディスク識別子: 0x0000f5f4

デバイス ブート      始点        終点     ブロック   Id  システム
/dev/sdb1   *        2048      411647      204800   fd  Linux raid autodetect
/dev/sdb2          411648  1953523711   976556032   fd  Linux raid autodetect
WARNING: fdisk GPT support is currently new, and therefore in an experimental p hase. Use at your own discretion.

Disk /dev/sda: 160.0 GB, 160041885696 bytes, 312581808 sectors
Units = sectors of 1 * 512 = 512 bytes
Sector size (logical/physical): 512 bytes / 512 bytes
I/O サイズ (最小 / 推奨): 512 バイト / 512 バイト
Disk label type: gpt


#         Start          End    Size  Type            Name
 1         2048       411647    200M  EFI System      EFI System Partition
 2       411648      1435647    500M  Microsoft basic
 3      1435648    312580095  148.4G  Linux LVM

Disk /dev/mapper/centos-root: 53.7 GB, 53687091200 bytes, 104857600 sectors
Units = sectors of 1 * 512 = 512 bytes
Sector size (logical/physical): 512 bytes / 512 bytes
I/O サイズ (最小 / 推奨): 512 バイト / 512 バイト


Disk /dev/mapper/centos-swap: 8455 MB, 8455716864 bytes, 16515072 sectors
Units = sectors of 1 * 512 = 512 bytes
Sector size (logical/physical): 512 bytes / 512 bytes
I/O サイズ (最小 / 推奨): 512 バイト / 512 バイト


Disk /dev/mapper/centos-home: 97.1 GB, 97093943296 bytes, 189636608 sectors
Units = sectors of 1 * 512 = 512 bytes
Sector size (logical/physical): 512 bytes / 512 bytes
I/O サイズ (最小 / 推奨): 512 バイト / 512 バイト

/dev/sdb2のマウント

マウントの失敗

以下のようにRaidメンバなのでマウントできない

[root@localhost ~]# mount /dev/sdb2 /mnt/
mount: unknown filesystem type 'linux_raid_member'

Raidツールのインストール

Raidツールのmdadmのインストール

[root@localhost ~]# yum install mdadm

Raidの片肺に読み込み

#  mdadm --assemble /dev/md2 /dev/sdb2

mdadm: Fail to create md2 when using /sys/module/md_mod/parameters/new_array, fallback to creation via node

mdadm: /dev/md2 has been started with 1 drive (out of 2).
  • Raidの確認
[root@localhost ~]# cat /proc/mdstat
Personalities : [raid1]
md2 : active raid1 sdb2[2]
      976424768 blocks super 1.1 [2/1] [U_]
      bitmap: 8/8 pages [32KB], 65536KB chunk

unused devices: <none>

倫理ボリュームのマウント

/dev/sdb2がLVMの論理ボリュームなのでツールインストールしてHDDの論理パーティションを確認してマウントする。

  • LVMのツールをインストール
[root@localhost ~]# yum install lvm2
  • HDDのVG(Volume Group)状態の確認
[root@localhost ~]#  /sbin/lvm vgscan
Reading volume groups from cache.
  Found volume group "centos" using metadata type lvm2
  Found volume group "vg_srv" using metadata type lvm2
  • 「centos」と「vg_srv」の2つのVGが確認できる。
  • 「centos」は起動用の/dev/sda、「vg_srv」は/dev/sdb
  • VG有効化と確認
[root@localhost ~]# /sbin/lvm vgchange -ay
  3 logical volume(s) in volume group "centos" now active
  4 logical volume(s) in volume group "vg_srv" now active
  • HDDのLV(Logical Volume)状態の確認
[root@localhost ~]#  /sbin/lvm lvscan
  ACTIVE            '/dev/centos/swap' [<7.88 GiB] inherit
  ACTIVE            '/dev/centos/home' [<90.43 GiB] inherit
  ACTIVE            '/dev/centos/root' [50.00 GiB] inherit
  ACTIVE            '/dev/vg_srv/LogVol01' [33.20 GiB] inherit
  ACTIVE            '/dev/vg_srv/LogVol00' [25.39 GiB] inherit
  ACTIVE            '/dev/vg_srv/LogVol03' [864.59 GiB] inherit
  ACTIVE            '/dev/vg_srv/LogVol02' [8.00 GiB] inherit
  • デバイスの確認
[root@localhost ~]# ls /dev/vg_srv/LogVol03
/dev/vg_srv/LogVol03
  • VLM(Logical Volume Manager)論理ボリュームのマウント
[root@localhost ~]# mount /dev/vg_srv/LogVol03 /mnt
  • マウントの確認
[root@localhost ~]# ls /mnt
aipo_postgres  clamav  lost+found  myserver  smbdatas  systools  vpopmail

参考

  • PV…Physical Volume。物理的なパーティションのこと。
  • VG…Volume Group。1つ以上のPVをグループ化したもの。
  • LV…Logical Volume。VGの領域から切り分けて使用する、論理的なボリューム。
    (LVは異なるPV上からでも作成できる)

LVM 参考Link


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-02-26 (金) 10:19:11 (54d)