XenServerのVMをESXiサーバのVMに変換

更新日 2018-02-10 (土) 03:28:40

変換元と変換先バージョン、VMのOS

  • XenServer:5.6SP2
  • ESXi:6.0
  • VM:Windows7 32bit

XenCenterでHDdイメージをエクスポート

  • XenCenterでxvaファイルとしてエクスポート

XenConvert

XenConvertでxvaからOVFに変換

図はXenConvert2.1.1だかコンバートに失敗した。

作業はXenConvert2.3.1で実行

ただし、XenConvert2.3.1をInstall後実行すると「サポートされていない操作を実行しようとしました。」というダイアログボックスが出る

インストールフォルダの中の「ja」というフォルダを削除するとエラーは消える。 ただし、表示は英語になる。

その後コンバート

  • xva→vhd+ovf

Xen2ESXi1.png

Xen2ESXi2.png

Xen2ESXi3.png

Xen2ESXi4.png

Xen2ESXi5.png

Xen2ESXi6.png

StartWind V2V Converter

vhdファイルvmdkに変換

  • vhd→vmdkの主ファイル名が-flatが付いたものとつかないのが作成される

StartWind V2V Converterは以下からDL

StartWind1.png

StartWind2.png

StartWind3.png

StartWind4.png

  • VMWare growable image - VMWare Workstation の可変サイズVMDK
  • VMWare pre-allocated image - VMWare Workstation の固定サイズVMDK
  • VMWare ESX server image - VMWare Server の固定サイズVMDK
  • Microsoft VHD growable image -  Hyper-Vの可変サイズVHD
  • Microsoft VHD pre-allocated image - Hyper-V の固定サイズVHD
  • Raw image - IMG(固定)

StartWind5.png

StartWind6.png

StartWind7.png

ESXiにインポート

StartWind V2V Converterが終了すると以下のような2つのファイルができる

  1. Ref_26-flat.vmdk
  2. Ref_26.vmdk
  • ESXi上に2つのvmdkファイルを1,2の順でアップロード
    (アップロードするとのRef_26.vmdkとして1つに自動的に1つのファイルになる)
  • 新規VM作成で、既存のファイルを選択で指定する。
    (ESXi上のデータストアプラザからRef_26.vmdkを削除するとRef_26-flat.vmdkが復元する)
  • VM起動でOK

参考


添付ファイル: fileXen2ESXi6.png 101件 [詳細] fileXen2ESXi5.png 98件 [詳細] fileXen2ESXi4.png 114件 [詳細] fileXen2ESXi3.png 103件 [詳細] fileXen2ESXi2.png 103件 [詳細] fileXen2ESXi1.png 105件 [詳細] fileStartWind7.png 107件 [詳細] fileStartWind6.png 101件 [詳細] fileStartWind5.png 102件 [詳細] fileStartWind4.png 97件 [詳細] fileStartWind3.png 98件 [詳細] fileStartWind2.png 108件 [詳細] fileStartWind1.png 109件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-02-10 (土) 03:28:40 (650d)