7月の勉強会
楽しみにしていた、勉強会です。
本当は、勉強会というよりお食事会といった方がいいようですが。
一応、勉強もします。

地産・地消でしかもスローフードの食事をしながらいろいろ情報交換をしています。
今回は今年度2回目の会です。


今日は食品の二次・三次機能を確かめながら食べる感じでしょうか。


テーブルの上は食べ物で埋め尽くされています。(実はテーブルの周囲も食べ物だらけ・・・でした。)




びわのシラップ漬けの色が大変きれいでした。その後ろはとっときのピクルス、わかめの茎の松前風漬けです。


さて、いただきます。
赤ビーツのスープ、玄米の五目御飯、ニョッキのトマトソース、とっときのピクルスです。



稚あゆのマリネです。


干トマトと干しナスとアンチョビのパスタ


蒸し野菜は何のソースでいただくのでしょうか。


ソースはこれです。



干した竹の子の煮物と蕗の煮物です。




茎わかめの松前漬け風甘酢漬けです。(大変おいしくて、お持ち帰りをしました。)


夏ミカンのピール


釣ってきたばかりのアユです。おおきーぃ



焼き立てですから、それはそれはおいしい。


これ以外にも、夏野菜のカレー、ごぼう入り五平もちなどなど食べきれないほどのお料理でした。本当にご馳走様でした。

番外編です。デザートも忘れません。




黒船というどらやきです。自由が丘に売っているとのことです。


これが、黒船の中身です。お味は・・・わかりません、食べていませんので。しかし、大変柔らかい触感でした。

これが中津川のからすみです
坂下に行ったときに買ってきたからすみをゼミ生と味わったところ、いつも自分が食べているからすみはもっともちもちしているとのコメントをいただいたので、買ってきてもらうことになりました。
本日、そのからすみが届きましたので、画像でお見せします。





大変弾力があり、確かに以前食べたからすみとは食感が全く違いました。噛みごたえがあって、ういろうとは全く異なる食感です。




すぐに食べない場合は、一口大に小口切りしたものをラップにくるんで冷凍するように書いてありましたので、そのようにして保存することにしました。

硬くなったからすみはオーブントースターで焼くとまた違った食感になるそうです。
それも試してみたいと思います。

岐阜県中津川市坂下の道の駅に行きました
今日は、仕事で中津川市の坂下というところに行ってきました。
中津川市街からさらに長野寄りの街で、冬場は大変雪深いところだそうです。

山が幾重にも重なっており、近くまで迫ってきているという感じのところでした。
緑が深くて、木曽川の流れも美しく、本当に空気のいいところでした。

そこには、きりらという道の駅があります。帰りに寄ってきました。

三重では見かけない珍しいものがたくさんありましたので、早速買い物してみました。
何を買ってきたか紹介します。



これが道の駅きりらの建物です。


蜂の子の佃煮(へぼ)です。へぼは貴重なタンパク源だったと聞いています。


塩トマトの甘納豆、どんな味がするのでしょうね。


干サクランボです。お砂糖がけではなくブドウ糖がけになっています。


色が良くて、おいしそうなケチャップです、ここはトマトがたくさんとれるんでしょうか?


これは、この地区で有名な米菓子「からすみ」です。本当は「ソバからすみ」が欲しかったのですが、本日売り切れでした。


乾燥そばとそばラスクです。

朴の葉ずしの色どりのよい事。



大変おいしくいただききました。


ご馳走様でした。

|| PAGEBACK || PAGE▲UP || TOP ||
SMTWTFS
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
<< 2020 - 08 >>
CATEGORIES
NEW ENTRIES
ARCHIVES
OTHER
  • 処理時間 5.527218秒
QR CODE
LINK