MyHome打合わせ履歴(S住建さん)

MyHome建設のため施工業者のS住建さんとの打合わせ履歴について

2005/10/17

1) キッチントップ:ステンレス-> 人造大理石
2) 上部引き出し?60cmを追加
3) バスユニットグレードを1つup(エメロードに変更)
4) 洗面台の左下を開きから引き出し2段に変更
5) 柱を通柱以外を105X105に変更
6) 食洗機を60cm -> 45cmに変更
7) 浄水器を追加
8) 腰窓を1m枠のもに変更
9) 和室については建具は洋風・襖が選択できる
10)和室の窓は障子付
11)ロフトを3畳ほどにして階段を収納式ではなく立てかけるタイプに変更して検討
12)電源盤を50Aに戻し、6回路コンセントを2階と同じ回路にできるか検討
13)1Fトイレの階段下に収納スペースだけを設定(扉、棚はなし)
14)1Fの収納については中央に上下の仕切りだけがある
15)2Fの2箇所は押入れタイプに変更。残りひとつはクローゼット
16)階段横の押入れの25%は階段になるため使用不能
17)玄関ドアは基本のドアにする
18)エアコンの取り付け穴位置、カーテンレールの取り付け穴は取り付け時に指示をもらう
19)1Fトイレはウォシュレット+温便座?
20)LAN(UTPメス)は2箇所
21)各部屋にTVコンセント(LDKは6箇所)
22)部屋以外のコンセントの位置確認
23)標準ドアとは各部屋への開きドア、リビングドアは1つだけ標準リビングドアから選択できる。
24)一本引きの建具については23)のドアのデザインとあわせることができるか?

-------------------------------------------------------------------------------

2005/10/18

1)10/17-19:1Fトイレはウォシュレット+温便座/2Fは温便座のみ
2)10/17-21:各部屋にTVコンセント
3)10/17-21:各部屋にACコンセント2箇所(LDKは6箇所以上)
4)ホール階段下にACコンセント1つ追加
5)10/17-24:建具の引き戸のデザインは開き戸と合わせることができる。また1Fと2Fで異なるデザインもOK
6)外構は階段下(南から6000)までをコンクリートにすることで100万円
7)隣地境界線は北側は側溝の外側、南側は側溝の内側
8)砕石をひくため側溝との間にブロックが必要
9)確認申請手数料(30万)はS住建さんにお願いし、住宅性能表示(47,646円)と地盤調査費用(50,000円)は負担。
10)10月17日の図面より、3.0-0.8[4.0X0.2]-1.0[2.0X0.5]-0.15[0.3X0.5]=1.05m2(0.32坪)増加
11)階段の手すりの確認
12)外構の仕方の確認周囲のフェンス、価格について
13)各押入れには枕棚が付く
14)LDKの南窓を吐き出し窓に、東側窓を腰窓に変更する。
15)和室の東窓を腰窓に変更
16)可能な限り諸経費の細かい価格を出してもらう。(ローンは百五プラチナプラン)
17)外水洗の排水構について確認し、DYIショップで購入する。
18)10/17-6,7項にについて検討してもらう

-------------------------------------------------------------------------------

2005/10/21

1) 10/18-9:住宅性能表示(47,646円)と地盤調査費用(50,000円)もS住建さんにお願いする。
2) 外構については南庭には砕石を入れない。ただし家から1mほどには砕石をいれる(-3万円)
。駐車場の両サイドの化粧ブロックを並ブロックに変更(-5万円)。フェンスを後から入れれるようにし、削除(-7万円)。これで85万円。
3) 洗面所のガラスを洗濯機の後ろから洗面台と洗濯機の間に変更(縦長のガラスに変更)
4) 外水洗をLDKの東コーナーに設置しDYIショップで購入した受け皿に配水管を接続してもらう。
5) 10/18-18:食洗機はW=60浄水器はなし
6) TVケーブルの出口は7.5畳の東側窓の手の届く処に出してもらう。
7) TV分配器は点検口の近くにおいてもらう。(5分配器を設置)
8) ポーチは玄関階段まで続いている

-------------------------------------------------------------------------------

2005/10/22

1) 基礎について通気は基礎パッキンで行うことの確認
2) 瓦(コロニアル)のメーカの確認(アスベストの問題)
3) 瓦の厚さは何mm?(4-14mm)
4) システムキッチンのシンクをZシンクに変更(差額の確認)
5) 使用材木の等級の確認
6) アルミサッシの鍵/ドアの鍵の確認
7) 玄関外照明は玄関の上部にひとつある
8) 外部ACコンセント浄化層に電源が必要なのそれように2口あるので1口余る
9) ロフトの風通し・照明について
10)TVケーブルの端末処理について

-------------------------------------------------------------------------------

2005/10/25

1) 10/22-2,3:瓦 クボタ松下:コロニアルNEO
仕様
働き寸法 910×182mm 
厚   さ 5.2mm 
1枚の重量 約3.1kg 
葺きあがり3.3m2
当たりの枚数 20枚/坪 
葺きあがり3.3m2
当たりの重量 約62kg 
対応勾配
(一般地域) 3寸以上 

2) 10/22-4:Zシンクへの変更差額9,000円
3) 10/18-4:階段1FにACコンセント追加再度確認
4) 工事開始前の近所への挨拶ケージュールを決める
5) 工事のスケジュール表をもらう。
6) 食洗機はW=60 Or 45cm

-------------------------------------------------------------------------------

2005/10/27

1) 10/22-5: 集成材:1等級 KD: 特1等、1等
2) 10/22-6: はきだし、腰窓には補助ロックが下にある
3) 10/22-9: ロフトの風通し、照明はつけてもらう
4) 10/25-1: 瓦はクボタ松下:コロニアルNEO
5) システムバスはミラー尽き収納、1水洗(兼用タイプにしたい)
6) 10/18-4:階段下ホールにACコンセントをつけることOK(10/21の費用内)
7) 基礎について(M主任より)

鉄骨の太さは13mm (d=13mm)

通常の重なり(40 X d)
       ------------------------
    -----------------           |
    |    (重なり40X13=520mm)    |
    |                           |


コーナーの重なり (25 X d)
   |
   |
   |
   ||
   || <--25X13=325mm
   ||
   ||
   |---------------------
   ---------------
   <- 25X13=325 ->


基礎の格子間隔

  ----------------------------------------------------
  |              |              |              |
  |              |              |              |
  |              |              |              |
  |              |              |              |
  |              |              |              |
  |              |              |              |
  ----------------------------------------------------
  |              |              |              |    ^
  |              |              |              |    |
  |              |              |              |    200mm
  |              |              |              |    |
  |              |              |              |    |
  |              |              |              |   v
  ----------------------------------------------------
  |              |              |              |
  |              |              |              |
  |              |              |              |
  |              |              |              |
  |              |              |              |
  |              |              |              |
   <-- 200 mm--->                                  

基礎断面(コーナー)
          -----   <-----------------
   ^      |   |                    ^
   |      |   |                    | 300mm(350mm?)
   |      |   |                    v
 400mm    |   ------------------   -
   |   ^  |
   |   |  |                       ベースコンクリート 150mm 
   v    --|--------------------------  <--GL
     200mm|        -------------  ステコンクリート 50mm
       |  |       /  /----------
       v  |------/  /             地業->砕石 100mm
                   /  /---------
         ---------/  /
                    /
         ----------/

基礎断面(ベースコンクリート)

  ------------------------
          50mm         ^
 ------------------ 150mm -------  <--GL
                       |
          100mm        v
  ------------------------

 -------------------------------------------------------------------------------

2005/10/28

1) バスに指定場所にハンドバーが付く
2) トイレの消臭機能について確認

 -------------------------------------------------------------------------------

2005/10/29

1) 洗面所の窓は開放できるタイプ
2) トイレにはリングタオルかけ(1F/2F)
3) トイレアメージュC手洗付(INAX)[GBC-110ST/GDT-3810+NB]
4) 10/28-2:便座 1F:CW-K31シャワートイレ(消臭付) 2F:CF-18AS暖房便座(消臭無)
5) 小窓はひき違いタイプ(網戸については洗面所の窓以外は確認。洗面所の窓についても網戸確認中)
6) 防水コンセントは浄化槽用とボイラー用2箇所につけてもらう。それぞれ1口余る。
7) バスにTV有
8) 排水は雨水以外は道路側の側溝に出す
9) 玄関ドアのサンプルを見せてもらう
10)柱集成材はスプルスというもの 
11)子供部屋の窓をスワップ。南側に大きい窓を配置
12)各窓の高さと取り付け位置について(特に2階掃きだし窓)
13)ポーチの種類についてサンプルをもらう
14)玄関階段の幅は1200mm 平面図では1000mmのように見える?
15)外購のブロックの上部の穴は開いたままであることの確認。
16)筋かえの入れ方の基本

   ==================== - - - - - -==========
    |\      |      /|                |      /|
    | \     |     / |                |     / |
    |  \    |    /  |                |    /  |
    |   \   |   /   |                |   /   |
    |    \  |  /    |                |  /    |
    |     \ | /     |                | /     |
 家 |      \|/      |                |/      |  家
 の ==================== - - - - - -========== の
 外 |      /|\      |                |\      | 外
 側 |     / | \     |                | \     | 側
    |    /  |  \    |                |  \    |
    |   /   |   \   |                |   \   |
    |  /    |    \  |                |    \  |
    | /     |     \ |                |     \ |
    |/      |      \|                |      \|
    ==================== - - - - - -==========

 -------------------------------------------------------------------------------

2005/10/31

1) 10/29-5:開閉窓はすべて網戸付、よって洗面所の縦長開閉窓の網戸付
2) 10/29-12:窓取り付け位置は2000mm、IFトイレは1600-1700。窓高さは
2000,900,700の3種類が基本。掃きだし窓は1820も可
3) 10/29-14:玄関階段の幅を平面図を1200に直してもらう
4) 10/29-15:ブロックの上部はコンクリートを埋めるが、フェンス用ポールのため
2000mmごとに埋めない。埋めない箇所は予備をいれ2箇所とする。
5) ロフトの通気口には雨よけのシャッターが付く
6) 玄関ドア D-1240V(B1D-1240V-01-R:ブラウン)
7) 曇りガラスの確認。
8) 和室は襖を入れる
9) リビングドアWBK 1F:WBD 2F:WBE(base:ニュートラル point:キャラメルモカ)
10)玄関の高さは?
11)外壁:モエンエクセラード16(コルティナウォール調[ルーツイエロー ED233])  
12)玄関ポーチについてはDuet10でベースはDU100-03で階段のエッジ部にDU100-05を使用する
13)屋根瓦の葺き替えは可能?
14)窓アルミサッシはブラウン[B1]
15)床はネオブラウン
16)トイレの色1F:ピンク(LR8) 2F:ブルーグレー(BB7)
17)樋の色ブラウン
18)外壁:コルティナウォール調 ルーツイエロー ED233
19)屋根:コロニアルNEO  ワイン・レッドKLCCN083

 -------------------------------------------------------------------------------

2005/11/3

1)10/31-14:窓アルミサッシはプラチナステン[H2]に変更
2)10/31-18:外壁:シンプルスタイル クレアールローズ LY18609に変更
3)キッチン足元スライド追加
4)窓ガラス:バス、洗面所、トイレ、1FLDK東、2F洋間7.5畳北はすりガラス、それ以外は透明ガラス
5)10/31-14:屋根の葺き替えは可能
6)照明器具のサンプル
7)外壁同じシリーズでツートンはできないのか?

 -------------------------------------------------------------------------------

2005/11/6

1)11/3-2,7:外壁:コルティナウオール調ED233/ヴェラストーン調EY42156W(下3段)
2)11/3-4:窓ガラス:バス、洗面所、1F,2Fトイレ、階段、2F洋間7.5畳北はすりガラス、その他は透明。
3)建具の色はエッセンバーチ
4)10/31-17:樋の色は別途検討
5)照明器具につていは2Fの部屋については現在アパートで使用しているのを利用する。
その差額を別の照明器具にあてる(Ex 玄関照明をセンサー付等)
6)ドアのタイプPD-A-15? --> D-1240-01-R(H2) ?
7)2Fベランダ側の窓の足元の高さ100mm窓の大きさ1820mm

 -------------------------------------------------------------------------------

2005/11/11

1) 11/6-1:外壁:コルティナウオール調ED233/ヴェラストーン調EY42156W(下2段に変更)[ニチハ]
2) 11/6-6:玄関ドアの品名が変更D-1240-01-R(H2)--> PD-A-15(H2)
3) 2F6.3畳子供部屋南の窓に手すりをつける
4) バスの蛇口は温水、冷水をマニュアルで調整する標準のもにする
 -------------------------------------------------------------------------------

2005/11/17

1) 西側にストックヤードを設置できるよう家の位置を東側に300mm移動する。
これに合わせ、スロープ及び、ポーチより北側の縁を東側に300mm移動
2) ストックヤードは幅1145mm(YKK ap)[861,1145,1445,1745の3タイプがある]を
将来想定している。奥行き3620mmで20万強。
3) 2F手摺りはI型/3Tタイプ H=500mm (YKK ap P1154) 約2万円
4) 11/25までには地盤調査完了。12/19の週:上棟式?
5) 1F床下点検口は床下収納と兼ねることを確認する。
6) 浄化槽の上に普通車が置けるか確認。蓋の許容重量は500Kg?。浄化槽本体は問題
ないか?(浄化槽のメーカ品名)
7) 水道引き込みボックスの高さは地面の高さまで下がることの確認。
8) 白蟻対策は通常は2回行う。床を張る前に、基礎の木材について行い、棟上後柱に
行う。今回は施工タイミングの関係上棟上後に点検口より入り基礎の木材と柱に行う。
べた基礎のため土地自体にはには白蟻対策は行わない。(S住建さんより)
9) 土台(ポリデン):木材に防腐剤、防虫剤を注入した木材。
10)バスタブとフロ釜の関係についてどうなっているのか?
11)2005/10/31-4:フェンスの設置のためのブロックは5個間で1500mm間隔にする。両隣のフェンスと同じ間隔にあわせる。

 -------------------------------------------------------------------------------

2005/11/25

1) 11/17-4:地盤調査の結果表層改良を行うため上棟式は1/14くらい
2) 11/17-5:床収納兼点検口はキッチンで、コンロとシンクの間
3) 11/17-6:浄化槽は株式会社ハネマツ、KGC2-5型、浄化槽の上はコンクリートをひく。2t程度の普通車は駐車可能。蓋の許容重量は500Kg
4) 11/17-7:水道引込ボックスは地面の高さまで下がる。
5) 11/17-10: バスタブとガス釜の関係
   水道
    ======= |    ||
           ||    ||
        ---||--  ||------------------
        |     |  |||                |
        |釜   ====== バスタブ       |
        |     |  |||                |
        -------  ||------------------
         壁
6) 住宅性能保証制度の場合現場審査は2回。1回目は基礎工事のとき配筋工事完了時:地盤の状態、基礎構造の施工状況等の検査。
2回目は屋根工事完了時:躯体構造の構成、材料、接合方法、劣化軽減の対策等の検査。ちなみに住宅性能表示制度の場合は4回。
7) 「浄化槽設備並びに排水放流同意書」が山下建設と伊勢市、二見町の両者にあるが、個人の場合特にないも必要ない?
8) 「集成材の方向は出来るだけ集成材の層の面には釘、ねじを使用しないようにする」ことを棟梁にも確認お願いをする。

 -------------------------------------------------------------------------------

2005/11/28

1) 表層改良は建物位置から+0.5mを+0.3mに変更して価格を\740,000を\690,000で行う。
2) 工事時期は12/5-9くらい検査を12/15に行う。その結果基礎を本年中に完了し、上棟は1/14に行う。
3) 11/25-7:「浄化槽設備並びに排水放流同意書」は特に気にする必要がない。(M主任より)
4) 浄化槽のメンテ業者をS住建さんに数社紹介してもらいその中から選択する。
5) 表層改良をおなうことで基礎工事ではステコンは敷かなくなる。
6) 表層改良はGL-1.5mまで行う。基礎が100mm程度あるので1.5-1.75mにあ自沈層は問題なくなる。(M主任より)
7) 表層改良は(有)山信鋼業, 三重県 久居市, 059-256-6277?
8) LDKのエアコンのAC電源は100Vにする。
9) 勝手口のドアは右開きにする。ドア軸が東側に来るようにする。
10)浄化槽の下地工事の確認
11)隅柱の場所、梁の集成材についての構造および取り付け方向について
12)建具のドアのメーカとドアストッパーについて確認する
13)性能保証住宅標準仕様によるとスラブ配筋は短辺方向スラブスパンが最大のものに
より決定し、短辺:長辺概ね1.0:1.5を超える場合は長辺を基準とするとなっている。
スラブスパンの最大はLDKの下で比率は1:1.9なので長辺側をみると5.7mとなっている。
規格は5m以下となっているので、LDKの下の真ん中にもう1本スラブが必要では。
14)配筋はシングル配筋
15)点検用口のまわり1m四方は100mm間隔で補強を行う

      < -1,000 ->          <- 1,000->
   -------------------------------
      |              |              |
      |              |              |
      |              |              |
      |              |              |
      |              |              |
      |              |              |
 ================ 点検用口 =====================
      |              |              |    ^
      |              |              |    |
      |              |              |    |
      |              |              | 1,000
      |              |              |    |
      |              |              |    |
      -------------------------------    V

 -------------------------------------------------------------------------------

2005/12/8

1) 12/8-5:表層改良をおなうことで基礎工事ではステコンは敷かなくなるのは間違いでステコンは敷く。
2) 12/8-7:表層改良は(有)山信鋼業, 三重県 久居市, 059-256-6277
3) 12/8-10:浄化槽の下地工事の確認OK
4) 12/8-11:隅柱は2本浴室の隅と玄関のLDK側で120X120
5) 12/8-11:梁は米松KD材を使用し、集成材は使用しないので方向は関係なし
6) 12/8-12:ドアのトッパーは磁石でせりだしロックする機能がある。建具のドアのメーカーはTOSTEM。
7) 12/8-13:スラブスパンについてはLDKの下になくても問題ない。住宅保証機構の
性能保証住宅標準仕様の推奨どうりでなくても本件については構造上問題はなく
住宅保証機構の住宅性能保証の認定が受けることの確認がとている。(M主任より)
8) 12/8-14:人通口の開口幅はスラブ鉄筋の補強も上記スラブスパンと同様構造上問題
はなく住宅保証機構の住宅性能保証の認定が受けることの確認がとている。ただし、
4箇所は念のため補強を行う。補強場所はキッチンの下、LDKとホールの境、ホールと
和室の境、洗面所と浴室の境。(M主任より)
9) 地盤改良は12/7に終了。12/13くらいに試験を行う。試験方法は地盤改良を行った
とき混ぜたコンクリートを3箇所程度サンプルとして採取し、1W後くらいに試験場にて
保管・試験を行う。

 -------------------------------------------------------------------------------

2005/12/10(TEL:M主任)

1) 2F子供部屋の西の壁に筋交いを1本以上入れてもらう。その他現場で現図面以上に
筋交いを入れるよう指示するとのこと。
2) 耐震用構造合板は使用していない。
 ・・・・・・・・TELはここまで・・・・・・・
3) 2F床の構造用合板28mmは剛床?
4) 壁量計算、柱接合金物計算の図面(N値計算)について(告示第1460号第2号の表による
方法?)[設計方針は表 or N値計算 or 構造計算のどれ?]
5) 1F LDK東側の壁に筋交いを入れる方法について
6) 基礎と柱のに入れる接合金物と場所について(ホールダウン金物でHD-15[と]以上で
1F柱脚部で基礎まで届いている場所はどこ?[N値の値が2.8以上のところ])そのホール
ダウン金物の大きさ(?KN用)

 -------------------------------------------------------------------------------

2005/12/16(M主任)

1) 12/10-3:1F,2Fの床は剛床なので火打金物は入らない。小屋部(2Fの天井部)には火打金物ではなく、火打は木材で施工する。
2) 12/10-4:必要壁量計算は床面積、見付面積[見付面積X50(風の強く指定された地域は
其の値殆どが50)]から計算し、大きい値を選択する。また、金物の施工については告示
第1460号第2号の表を基準に施工する。
[見付面積]
                          /\
                         /  \
                        /    \
                       /      \
                        | S2 |
                        |    |
                        |....|<----(2F床から1.35m)
                        +----+<----(2F床)
                        |    |
                        | S1 |
                        |....|<----(1床から1.35m)
                        |    |
                        ------<----(1床)

       2F見付面積(S2):2F床より1.35m以上の面積
       1F見付面積:S2+S1(1F床より1.35m以上から2F床より1.35mまでの面積)

3) 12/10-5:1F LDK東側の壁に筋交いについては現状のまま幅50cmの筋交いでは強度は
増さないため構造用合板等を含めM主任に検討していただく。
4) 金物についてはメーカがタナカ(http://www.tanakakanamono.com/framemain.html)
またはカネシン(http://www.kaneshin.co.jp/)でZマークと同等の製品で施工する。
5) 表層改良のコンクリートの試験は問題なし。後日検査報告書をもらう。
6) 1F LDKと洗面所、洗面所と浴室の間 2F 子供部のクローゼットの柱は筋交いが通る
ように少し内側に配置。
7) ベタ基礎断面図には各周辺の配筋が2重になっているところが300で立ち上がりの
配筋からからでも225あるはずだが、実物は2重から1重に重なっている場所が最初の
格子の位置(200)になっている。(立上りから交点:300-150/2+150=375?)この点に
ついてはM主任より問題ないとの回答。図面修正で対応する。(12/19朝 TELにて)
8) 項目7についてはコンクリートの断面幅には変更ないことの確認をする。
9) 12/10-6:通、隅柱は全てホールダウン金物でHD-15[と](1.5t用)で施工し、アンカー
ボルトは70cmのものを使用する。また柱と土台はASテンプレート(フラットテンプレート)で接合。


                  |         |
                  |         |
               ---|   柱    |
               |  |         |
ホールダウン-> |  |         |
      金物     |  |    ^    |
               ---|   / \   |
                | |  /   \  |
----------------+---/-+-+-\-----------------
                |   | | |<+---ほぞ
   土台         |   | --- |<--ASテンプレート
                |   -------
                |
----------------+---------------------------
                |
   基礎         | <---アンカーボルト70cm
               ||
               J

2F床構造
[断面]

       ---------------------------------------
                 |        28mm構造用合板      |
       ------------------------------------------
               |  /|小根太(H:90mm D:45mm)  |   /|
               | / |-----------------------|  / |
               |/  |    (Z方向33cm間隔)    | /  |
        -----                       |/   |
                梁                         ------
                                             梁

[平面]
                                 <--100-->
    ========================================== 梁
         |       |       |       |       |      ^
         |       |       |       |       |      |
         |-------|       |-------|(1枚の |     200
         |///////|       |       | 合板)|      |
         |///////|       |互い   |       |      V
    =====+///////+-------+=違いに+-------+==== 梁
         |///////|///////| 入れる|       |      ^
         |///////|///////|       |       |      |
         |-------|///////|-------|       |  この間にH:90mm D:45mmを5本入れる
         |       |///////|       |       |      |    (200/6=33cm)
         |       |///////|       |       |      V
    =====+=======+=======+=======+============ 梁
         |       |       |       |       |
         |       |       |       |       |
         |-------|       |-------|       |
         |       |       |       |       |
         |       |       |       |       |
    =====+=======+=======+=======+============ 梁

         梁      梁      梁      梁      梁

1F床構造
[平面]
         互い違いに入る
               <-100-->
    ---------------------------------------- 梁 ^
        |      |//////|      |      |      |      |
        |      |//////|      |      |      |     100
        |      |//////|      |      |      |      |
    ----------//////------------------------ 梁 V
        |      |//////|//////|      |      |
        |      |//////|//////|      |      |
        |      |//////|//////|      |      |
    -----------------//////----------------- 梁
        |      |      |//////|      |      |
        |      |      |//////|      |      |
        |      |      |//////|      |      |
    ---------------------------------------- 梁
        |      |      |      |      |      |
        |      |      |      |      |      |
        |      |      |      |      |      |

       梁     梁     梁     梁     梁     梁


 -------------------------------------------------------------------------------

2005/12/22(M主任 TEL)

1) ASテンプレートは建物外周の管柱、通柱、隅柱等に使用する。薄いのを使用するのは外壁との関係。
2) 土台と柱位置関係は周囲の面が合うようにレイアウトされる。
3) ホールダウン金具は柱1本につき1本使用する。
4) 外周に面しない柱についてはかど金物(CP−T)を使用する

 -------------------------------------------------------------------------------

2005/12/24

1) 浄化槽の補助金の許可について市から連絡が来たが、H18 3/31までに工事終了の必要あり、との内容なので、工事が間に合うか確認する。
2) 地質調査結果の報告書をもらう(正式なもの)

 -------------------------------------------------------------------------------

2005/12/26(M主任)

1) 12/24-1: 浄化槽の工事はH18 3/31までに終了するので問題なし。
2) 梁と小根太の位置関係について、小根太の上の面が梁よりて出て其の間に構造用合板を入れても剛床にはならないので12/16-9のような構造になる。
3) 土台緊結金物は柱(すべての柱)から100mmm〜120mmくらいの間に入れる。間隔は1mだが、次の柱の
位置により変わる場合がある。


                  |         |
                  |         |
               ---|   柱    |
               |  |         | ---<=100〜120(1mくらい間隔に入れる
ホールダウン-> |  |         | |
      金物     |  |    ^    | V
               ---|   / \   |<->
                | |  /   \  |  _
----------------+---/-+-+-\----+------------
                |   | | | |    |
   土台         |   | --- |    |<---土台緊結金物(M12 l=400 Zマーク)
                |   -------    |
                |              |
----------------+--------------+------------
----------------+--------------+------------基礎パッキン25mm
                |              |
   基礎         |              |
               ||              |
               J

土台の接合部については接合部から300〜500程度土台緊結金物は離して施工。

     ------------------------------------------
                              |
                      /|      |<--<=300〜500-->|
                     / --------                |
                    |                          X(土台緊結金物)
                     \ --------
                      \|      |
                              |
     ------------------------------------------


 -------------------------------------------------------------------------------

2005/12/29

1) 基礎の点検口の幅が3箇所40cmくらいだが問題ないのか?
2) バスのTVケーブルについては?
3) パソコン部屋の追加コンセントはアース付に変更できないか?
4) 照明及びコンセント等について、2階の各部屋の照明を削除(HAA8111EP,HAA7099CEP,
HAA8130CEP[25,200+31,500+32,340=89,040])ただし、シーリング部までは施工。
5) ポーチライトをLWC86394(P468)(\32,025[21,000-32,025=-11,025)に変更
6) 玄関ライトをHFA4261CE(P192)(\28,875[16,800-28,875=-12,075)に変更
7) 洗面所ライトHW8910KCEL(P440)(\8,085[9,030-8,085=945)に変更
8) 勝手口ライトLW56536(P439)(\4,253[4,148-4,253=-105)に変更
9) LDKにAC2口を追加する。(\4,800)
10)階段1階に足元ライトLBC70067(P307:\11,655)追加(配線工事費\4,800)
11)階段2階に非常灯LBJ70980(P308:\6,531)追加(配線工事費\4,800)
12)内玄関に勝手にスイッチWTK1811W(P637:\10,028)追加
13)洋室7.5帖<->子供部屋LAN追加(\10,476)
14)5〜13項の合計\75,350の追加で、4項の\89,040の削除でまかなう。
15)トイレのドアの確認
16)10/21-4:外水洗の位置、LDK東端で南面の壁になることの再確認
17)キッチンの壁のせり出しは柱までそれともシンクの端までどちら?

 -------------------------------------------------------------------------------

2006/01/11

1) 12/29-1:土台木材の切り出しの関係で基礎の点検口の幅が3箇所40cmくらいになったが問題なし。
2) 12/29-2:バスのTVケーブル問題なし。
3) 12/29-3:パソコン部屋の追加コンセントはアース付に変更。
4) 12/29-14:照明器具及び電気工事は12/19の案で決定。
5) 12/29-15:トイレドアはTNL-WCC(TOSTEM)、洗面所のドアはTNH-WCX(TOSTEM)の中折れ
仕様。1Fはトイレ、洗目所共左吊元。
6) LDKレンジ用ACコンセントの高さは、1/10の打ち合わせでは1800だったが1600にする。
7) 12/29-16:現在は仮位置なので最終的にはLDK東端で南面の壁になる。
8) 12/29-17:キッチンの壁のせり出しは柱までで、シンクの端まではたれ壁と腰壁に
なる。たれ壁と腰壁の隙間は60cm前後になる。
9) 浴槽北側の筋交は現在のアンカーの位置で問題なく2m入るのか?真ん中に管柱が必要?

 -------------------------------------------------------------------------------

2006/01/14

1) キッチンの高さを85cmから82cmに変更。
2) 各部屋のスイッチおよびドアストッパがモデルルーム同じことの確認

 -------------------------------------------------------------------------------

2006/01/16

1) 01/11-9:浴槽北側の筋交についてはアンカーボルトを避ける金具があるので、それで施工可能
2) LDK東側の壁には構造用合板で壁倍率を増やす

 -------------------------------------------------------------------------------

2006/01/18(M主任 TEL)

1) 柱の下には全てに基礎パッキンが入るように後から追加することを確認した
2) 基礎のアンカーボルトやホールダウン金物のアンカーボルトには全て基礎パッキンが入っていることになっていること(後から追加する)を確認した
3) くら金物は1本おきに入る。

 -------------------------------------------------------------------------------

2006/01/19

1) 垂木の固定等(小屋構造)の金物の使用について説明をお願いする。ひねり金物、くら金物等について。
2) ロフトの中には現行では束(つか)が1本入るので構造的に取れないかM主任に依頼

 -------------------------------------------------------------------------------

2006/01/28

1) 01/18-1:柱の下に基礎パッキンを追加工事は無事終了
2) 01/19-1:垂木と母屋の固定は天から釘で固定し、ひねり金具は使用しない。
3) 01/19-2:ロフトには、現在ある束をはずし、補強で対応できる。
4) 11/3-4:すりガラスとあるが正式には「かたガラス」
5) 筋交いを入れるために移動させた管柱(い-4.5)は建具が入るとき梁が入り、L字型のコーナー金具で梁と固定する
6) 破風、鼻隠しはラフティマローネ(JA46720(C):ニチハ)で樋も同じこげ茶系にあわせる。
また軒先の通気孔も同じこげ茶計になる
7) 外壁工事は2月20日くらいに終了予定
8) バスが一坪タイプなので2000X2000ではスペースが無駄になるのでバスと洗面所と仕切りが150だけバス側に移動してある。

 -------------------------------------------------------------------------------

2006/01/31

1) 仕様では11/11に変更した兼用水栓(MS391-ULN)が納入される予定だったが実際納入
されたのはサーモシャワー付(MS6115ULN)のようだ。
2) 外周の管柱、通柱、隅柱は外側に固定用の金具、ASテンプレートを施工した。写真
があるので後日写真データをもらう。
3) 内部の通柱、管柱はすべてコーナー用の金具またはかど金物(CP-T)等で固定される。
4) 玄関の手摺り位置、トイレの手摺りやベランダの物干し竿の止め具を設置するため
のあて木の位置についてはいつ相談するかスケジュールを確認する。
5) 壁量計算について、1F X方向について玄関入り口に80cmの筋交いが2箇所入れても
らったので、+320で2700が3020にアップ。1F Y方向の壁量はLDKと洗面所の筋交いが
150cmが123cm、洗面所とバスとの筋交い130cmが100cmmとなるので-(54+60)で2960が
2846になる。
6) 2Fの3つの部屋、和室等の居住部屋には換気のための吸入口が付く。

 -------------------------------------------------------------------------------

2006/02/06

1) パラマウント硝子社のハウスロン10Kを使用、この製品自体に防湿袋に入っているた
め防湿シートの施工は必要ない。ただし、窓枠等の狭い部分についてはグラスウォール
が露出しないよう施工してもらう。施工方法についてはパラマウント硝子社名古屋
営業所(052-211-XXXX)T氏に確認。施工についてはM主任に以来
2) 壁の構造について
下記のような構造になっており、小屋に外壁と防水シート(S住建さんロゴ入り)との間
の通気口が接続されていて外壁内側の空気が小屋に流れるようになっている
                /
               /
              /     (小屋)
             /通気口
        /    |
           /---- V -----
              | | ||  ||
              | | ||  ||
      外壁 ----->| | ||  ||<---内壁(クロス)[石膏ボード]
 (サイディング)   | | ||  ||
                  | | ||  ||
                  | | ||  ||
                         ^
                       ^ |
                 | 断熱材(ハウスロン10K)
        防水シート


 -------------------------------------------------------------------------------

2006/02/11

1) 内側の間仕切り壁にはグラスウォールが入らないので遮音用に7.5帖の洋間と7.95帖
の洋間の間には入れてもらうようM主任にお願いした。
2) 02/06-1:窓枠等の狭い部分についのグラスウォールの露出の修正を窓外より確認した。
3) ロフトの周りの断熱材についてもどのように施工されるか確認する。
4) 床の断熱材はカネライトフォーム(株式会社カネカ)のXPS-B-2b(2種b)またはXPS-B-3b(3種b)の40mmであることを確認する。
5) 等級別断熱材熱抵抗基準[新省エネ基準値]は地域区分IV(三重県)では熱抵抗値
[u・K/W]で天井1.8以上、壁1.2以上、床(外気に接しない部分)0.9以上で、
今回使用部材では天井、壁についてハウスロン10Kは熱伝導率0.050W/(m・K)なので、
厚さ100mでは熱抵抗は0.1/0.050=2[u・K/W]になり、天井1.8,壁1.2以上を満たす。
また床はカネライトフォームでは熱伝導率が良いXPS-B-2b(2種b)で0.034W/(m・K)
なので、厚さ40mmで0.04/0.034=1.18[u・K/W]となり床0.9以上を満たす。
XPS-B-3b(3種b)は熱伝導率0.028W/(m・K)。厚さ40mmで熱抵抗は0.04/0.028=1.43[u・K/W]。

 -------------------------------------------------------------------------------

2006/02/15

1) 02/11-1:内側の間仕切り壁にはグラスウォールを施工する。費用は15,000円。
2) 02/11-2:ロフト周りにはグラスウォール断熱材が入る
3) 02/11-3:床の断熱材はカネライトフォームXPS-B-2b(2種b)だと思われる(再度M主任に確認願う)
4) LDKの東側の壁の構造用合板はダイライトで施工してもらった。(M主任より)
5) 洗面所床ES7104がなくなったのでES212に変更。
6) ロフトへの階段は収納式ではなく、取り外し式で幅600。取り外しは階段はパソコン
部屋入り口の南側の壁に立てかけられるようにする。また天井にはロフトへの
入り口として600X600の穴があく。今のところロフトとパソコン部屋の間には仕切りが
ない。入り口になにか仕切るものを考える。
7) ロフト入り口部構造

      平面図(上から)
                               |
                               |<--  600 -->
          ロフト部             |
                               -------------  -- 
                               |           |   ^
                               |入り口部   |   |
                               |           |  600
                               |           |   |
    ----------------------------------------   V

          断面図

    ---------------------------------------     ---
                              .            |     ^
                              .            |     |
          ロフト部            .            |   Max 1400
                              .            |     |
                              .  入り口部  |     |
                              .            |     V
    =========================○\           ================ 天井
                                \--
                                 \
                                  \--
                                   \   (ロフト階段)
                                    \--
                                     \
                                      \--

 -------------------------------------------------------------------------------

2006/02/18

1) 和室の入り口ドアはWBDで特に変更ないことを確認(M主任とTEL)
2) 和室の窓すべてに障子が入る事を再確認(M主任とTEL)
3) ロフトの周りには断熱材を施工することを確認(M主任とTEL)
4) 洋間7.5帖の3口X2のコンセントは3口と2口のアース付を各1個に変更。
5) インタホーンの位置はLDKのドア右側のコンセントの右側
6) 冷蔵庫用電源コンセントが下の設置されていたので1700くらいに変更
7) TVアンテナ用5C-2Vはベランダ西側に出してもらった。
8) 洋間7.5帖の窓横と分配器までの間に予備線(5C-2V)が1本入れてもらった。
またCATVインターネット用同軸を入線するパイプを施工してもらった。
9) 階段のセンサー足元ライトは3段目に取り付けてもらった。
(4-9:の内容は現場で電気工事の方と打ち合わせた)
10)点検口の入り口をロフト入り口付近からロフト奥(洋間7.95帖押入れの上に変更(T棟梁)
11)インターフォンの機種の確認
12)TVアンテナの取り付け時期と同軸ケーブルの出口がどのようになるか確認。
13)電話線、CATVの入線場所の処理の確認。


 -------------------------------------------------------------------------------

2006/02/20

1) インターフォンのLDK側の取り付け位置を図面初版の物いれの近くに変更してもらうようM主任に依頼。


 -------------------------------------------------------------------------------

2006/02/22

1) 02/20-1:インターフォンの位置の変更の確認がとれた。
2) 02/11-5:等級別断熱材熱抵抗基準は地域区分IV(三重県)での熱抵抗値[u・K/W]に
ついて床の断熱材はカネライトフォームのXPS-B-1b(1種b)というこが判明し、
熱抵伝導率が0.04なので、熱抵抗値厚さ40mmでは0.04/0.04=1.0[u・K/W]で0.9以上を
クリアできる。
3) 02/18-10:点検口の位置もM主任に確認していただき、上記とおり変更。
4) 02/18-12,13:電話線はパイプ洋間7.5帖の北東の北壁に設置して、パイプのみ設置。
入線はNTTにお願いする。TV用同軸、CATV用電話線のケーブル類、パイプ類は以下のような図になる
          断面図
                  壁
                   |
              _____|
      防水用 /     |
      カバー/  /========ケーブルOrパイプ
           /  //   |
           |  ||   |
           |  ||   |
           ---  ---|
  
           下面図

         ============= 壁
           |       |     
           | ○ ◎|ケーブルOrパイプが出る
      |       |     ただしパイプは防水カバーより露出しない 
           ---------

5) TVアンテナ用に南面のベランダの通柱と間柱の間を補強してもらう
6) TVアンテナは14エレ、マストの長さは600mm程度
7) 洗濯用の乾し竿を止める金具をとりつけるため、窓の利用側の部分柱までを補強してもらう。
8) 外構の化粧ブロックはTOYO 1L/1LWのブラウン(P182)
9) 表札はステンレスHL(ME-23)、文字フォントはローマンIT。内容は「Okada」。

 -------------------------------------------------------------------------------

2006/02/26(T棟梁)

1) バスの天井、入り口上、洗面所の天井に断熱材を入れることを確認

 -------------------------------------------------------------------------------

2006/02/26

1) 現場で1F,2Fトイレ、同じ位置に手摺、タオルかけのあて木の位置の決定確認。
2) 現場で、キッチンの上棚の高さを決定確認
3) インタフォンの構成(2Fの呼び鈴配線のを確認する)-->TELにてM主任に確認

 -------------------------------------------------------------------------------

2006/03/02(Kさんから以下のTELで確認あり)

内容:キッチンの天板の高さは82cmでOKか、食洗機は60cmでOKか、コンロにはチャイルドロックが必要かの三点について
決定事項
1) キッチンの天板の高さは82cm
2) 食洗機は60cmタイプ
3) チャイルドロックについては現行機種にはなく機種が変わる。機種はBGC-63-3PBHで
価格は+21,000円。チャイルドロックON時は点火中の火は消すことが出来ないことのみ
で、点火後チャイルドロックは有効にならない。(タカラ営業:Iさん080143XXXXX/
ショールームより)その結果、機種変更せず、チャイルドロックなしの機種
(GCU63-3UBA)を選択する.
(上記回答を3/4にKさんTELで行った)

 -------------------------------------------------------------------------------

2006/03/04(T棟梁)

1) 階段手摺りは上り右側(外側)であることの確認。高さは標準より若干低めにする。
2) キッチン壁は釘、ビスが止まるように合板とのM主任より指示があるが、どうするの
か --> むしろ非可燃性の石膏ボードでお願いする。ただし壁最上部は先のことも
考え合板。食器棚の固定は突っ張り棒で行う予定。

 -------------------------------------------------------------------------------

2006/03/06(M主任TEL)

1) キッチン西側壁については石膏ボードでお願いする。ただし壁最上部は先のことも
考え合板。食器棚の固定は突っ張り棒で行う予定。
2) 上棟のとき締めたボルトの緩みについては小屋等1年、または2年目の点検時に
再度締める。

 -------------------------------------------------------------------------------

2006/03/08(M主任TEL)

1) 浄化槽の工事は3月16日の予定。

 -------------------------------------------------------------------------------

2006/03/11(M主任TEL)

1) 外水洗の高さは1200。流し台を購入にMさんに預ける。

 -------------------------------------------------------------------------------

2006/03/12

1) 外水洗の位置をLDK南東角からLDKの小窓と掃き出し窓の間に変更できないか
検討する。2F7.95帖のエアコンの室外機をLDK南東角に置くため。(東側の隙間が
少ないため自転車等の通過が難しい?)


 -------------------------------------------------------------------------------

2006/03/13

1) 3/12-1:外水洗の位置は再工事になるがLDK南東角からLDKの小窓と掃き出し窓の間に変更可能。
2) 勝手口の出口には足置きがコンクリート等で出来る


 -------------------------------------------------------------------------------

2006/03/18

1) 3/13-1:外水洗の位置をLDKの小窓と掃き出し窓の間に変更するようM主任に正式に依頼(TELにて)
2) エイデンに2F7.95帖のエアコンの配管が樋の下を通過できるか現場確認してもらった結果配管可能という回答を得た。
 -------------------------------------------------------------------------------

2006/03/23


1) 10/21-1:10/21に説明があった契約時の住宅性能表示についてはS住建さんの間違いで、S住建さんにおいて過去に住宅性能表示はおこなったことがなく説明間違いであることがM主任の説明で判明した

 -------------------------------------------------------------------------------

2006/03/25


1) ロフトから屋根裏に通じる点検口が幅が250mm程度と狭いので通常の大きさに変更してもらうようにM主任とTELで打ち合わせた。


 -------------------------------------------------------------------------------

2006/03/30(M主任)


1) 3/25-1:点検口は450X450に変更。開閉口は取り外しが可能
2) 床下の金属性の束は上部は土台に釘で固定、基礎とは樹脂で固定してある
3) システムバスの床下のブロック2段は1段目は基礎とボンドで固定、1段目と2段目の間もボンドで固定してある。
4) 1Fトイレの窓が階段で上部アルミサッシが隠れているのを窓を下げることで修正を行ったとのこと。
5) フロアの施工と石膏ボードの壁の施工の順序についてはフロアボードを張るとき隅に隙間がどうしても出来てしまう(フロアを張るときは継ぎ目がしっかりはまるように断面がコ字にななっているためこれをはめるマージンが必要)が、後から壁が来るのでそれが隠れるからフロアが先という考えと、壁が先の時は後日幅木等に掃除機などがあたるとほこりが出ないとの考えもある。


 -------------------------------------------------------------------------------

2006/04/01(M主任TEL)


1) 洗面所の扉がトイレ(TNL-WBC)と同じものが設置してあるので指定のTNH-WBX(TOSTEM)に変更を確認。

2) 1F階段下の物入れがふさがれているので、物入れを作るこのと確認。


 -------------------------------------------------------------------------------

2006/04/04(M主任TEL)


1) PC部屋の自然吸気口にファン、ロフトにファンを設置するのはすべてが終了してから行う。現行の自然吸気口はビス止め等はないようだ

 -------------------------------------------------------------------------------

2006/04/08(M主任現場)


1) スロープのブロックは斜辺が直線ではなく階段状にになる。このほうが1つのブロックが小さくならずに構造上望ましい。
2) ポストについては、表札の下のブロックに挟むタイプから自立型のものに変更。設置場所は玄関に入る手前階段をあがったところ。タイプについては後日カタログを借りる。
                   [ポスト位置]

                  |   (玄関)   |
===================            |
                  |          ----==========================
                  |          |ポ|
       (階段)    |          |ス|
                  |          |ト|
                  |          ----
                  |            |
   ---------------=============

3) PC部屋の情報コンセントの穴がTEL用に1つしかないので、CATVのインターネットケーブル入線用にもう一つはめてもらう。(後日依頼をする)

 -------------------------------------------------------------------------------

2006/04/11


1) 04/08-1:ポストについてはアメリカンタイプA-1型(TOEX社製)。色はシャイングレー。設置場所はポーチ階段を上記図(4/8)の場所(上置)。
2) GWには庭、フェンスに手を入れることができるか?
3) 1Fトイレの窓の下げ方について説明をもらう。(柱、外壁、断熱材等について)

 -------------------------------------------------------------------------------

2006/04/15 (M主任 現場)


1) 物件引渡しは5/13(土)、引越しは5/20(土)、13日以前にKさんと最後の支払い関係、登記とうについての決算を行う。
2) GWでの芝生等の植え付け等の外構工事はこちらで行ってもよい。
3) 4/11-3:1Fトイレの窓の移動については以下のように施工を行った

      | |       ||       | |
      | |       ==上の柱 | |  ---
      | |       ||と結合 | |    これだけ下げた
      | |       ||       | |
      | |----------------| |  ---
      | |________________| |
      | |                | |
      | |                | |
      | |                | |
      | |     窓        | |
      | |                | |
      | |                | |
      | |________________| |
      | |                | |
      | |----------------| |
      | |       ||カット | |
      | |       ||       | |
      | |       ||       | |

     管柱      間柱      管柱

それにあわせ断熱材の追加削除をおこない、外壁のサイディングについては関係する面を再度施工しなおした。
また、開口部は補修に限らずサイディングのとめ具が利用できないため、釘うちをおこなう
外壁の窓周り、交換したサイディングのシーリングが未施工なので施工をお願いした。

|                 (交換)                                        |
|                                                                |
|                                                                |
|             X          X           X        X(釘うち)        |
|        |--------------------------------------|                |
|        |                                      |                |
|        |                                      |                |
|        |                                      |           (とめ具)
|--------|            開口部(窓など)          |----------------|
|        |                                      |                |
|(交換) |                                      |    (交換)     |
|        |                                      |                |


4) カーテンレール設置、現アパートのエアコン移動の日時を決める。
5) 玄関手摺、玄関ホールライトのセンサの施工忘れの施工をお願いした。
6) ガス給湯器の電源ケーブルがコンセントまで距離がぎりぎりなので十分届くように検討してもらう

 -------------------------------------------------------------------------------

2006/04/16(Kさん TEL)


1) 住民票を5月1または2日に鹿海移し、印鑑証明、住民票それぞれ2部用意する。
2) 4/15-4:カーテンレールを現場よりS住建さんに預けるに指示をもらった。(M主任 TEL)

 -------------------------------------------------------------------------------

2006/04/19


1) 4/16-1:住宅の表示登記については家族全員の住民票が一部あれば出来る。S住建さんに持っていく。印鑑等は不要。登録登記については、住所変更後新住所の住民票および印鑑証明2部が必要。(Kさん TEL)
2) 4/15-4:エアコン移設、カーテンレール取り付けを5/13に行う。
3) 地目変更についてはいつ手続きを行うのか?
4) 北西角の側溝除草時の破損修理の確認

 -------------------------------------------------------------------------------

2006/04/22(現場:M主任)


1) 4/19-2:エアコンの移設は5月10日、カーテンレールの取り付けは5月13日(引渡し日)に行う。
2) 4/19-4:北西角の側溝除草時の破損修理の確認ができた。
3) 浄化層の電源投入については5月20日(引越し日)とCNサービスに連絡する。

 -------------------------------------------------------------------------------

2006/04/28(CNサービス:OさんTEL)


1)浄化層の電源投入については引渡し5/13に行い、薬一袋投入する

 -------------------------------------------------------------------------------

2006/05/04(現場:M主任)


1) 砕石を庭は芝生まで敷いてもらうことになった。
2) 引渡し日は5/13 AM10:00から行う
3) エアコン移設は5/10 AM10:00から取り外し、PM1:00から取り付け。
4) 5/13引渡し後カーテンレール、トイレタオル賭けを取り付けを行う


営業の方、技術的な説明をしていただいた現場監督さんはとても親切丁寧に説明をしていただきました。
また、実際に作業していただいている棟梁も気軽に話が出来、仕事も丁寧にしていただいております。
初めて家を建てるものとしては非常に安心感を得ることが出来きました。
大変感謝しております。